橋本凝胤師

  明治30(1897)年4月28日 奈良県生まれ

  師匠:佐伯定胤(元・法隆寺長老)師

  明治37(1904)年 法隆寺、佐伯定胤師に弟子入りして、翌年、明治38(1905)年には師匠の佐伯定胤師が薬師寺住職を兼任していた関係から、薬師寺へ移りました。明治40(1907)年橋本凝胤師10歳のとき度牒(どちょう)を授かり幼名の「常太郎」から「凝胤」と言う法名を授かりました。

 大正5(1916)年 奈良県立郡山中学校(旧制・現在の奈良県立郡山高校)卒業
 この後第三高等学校受験を試みるも試験前日に急性肋膜炎を患い1年間療養生活を余儀なくされました。その後上京して大正12(1923)年宗教大学(現在の大正大学)を卒業した後、3年間東京帝国大学印度哲学科の聴講生として学びました。その後東京から戻り1937(昭和12)年に慈恩会竪義加行を満行したのち、昭和14(1939)年に薬師寺住職(別當)となりました。

 橋本凝胤師は社会活動にも非常に積極的に参加し、特に平城宮跡の保存運動や文化財保護法制定時には非常に熱心に取り組まれました。また、肉食妻帯せず昔ながらの僧侶のスタイルを守りとおしました。また、徳川夢声氏や梅原猛氏などとの大激論は有名で『天動説』を主張したエピソードは非常に有名です。
 そして昭和42(1967)年住職を退き長老となり、昭和53(1978)年3月25日に遷化されました。

 


僧侶紹介のTOPに戻る
最初のページに戻る