小林澤應 伽藍副主任

 昭和42(1967)年、東京の紳士注文服店の長男として生れました。昭和58(1983)麗澤高等学校に入学、モラロジー教育を受け昭和61(1986)年に卒業したのち仏門を志して薬師寺に入門し、侍者として6年間仕えました。平成2(1990)年に龍谷大学文学部仏教学科を卒業しました。
 現在は伽藍副主任として全国からの一般参詣者や修学旅行生に法話を行っています。また、旅館への出張法話や青年層を対象にした各種研修会にも出講して、人生経験を森混ぜながら仏法を分りやすく伝えています。

 主な演題は『俗から僧への五十歩百歩』『あなたの人生、あなたが主人公』など


僧侶紹介のTOPに戻る
最初のページに戻る