松久保秀胤 住職

 昭和3(1928)年5月27日に大阪府大阪市で生れました。そして藥師寺入山は昭和13(1938)年2月28日で、橋本凝胤師の薫陶を受けて、昭和25(1950)年3月 旧制松江高等学校文科(現在の島根大学 法文学部)を卒業しました。その後昭和28(1953)年11月に法相宗宗務長となり、昭和42(1967)年11月には薬師寺の副住職となりました。そして昭和49(1974)年2月には長野県蓼科山聖光寺住職となり、平成8(1996)年には藍綬褒章を受章し、平成10(1998)年8月に法相宗大本山薬師寺住職に就任しました。
 現在は薬師寺管主と長野県蓼科山聖光寺の住職を兼任しております。

 著作としては「み仏の蹈みし蹟どころ」(瑠璃書房刊)などがあります。

 ※上の写真は晋山式で挨拶をされる松久保秀胤管主(平成11(1999)年4月8日)


  


僧侶紹介のTOPに戻る
最初のページに戻る