世界遺産 法相宗大本山 薬師寺

修正会しゅしょうえ

修正会は奈良時代から続く法要で、吉祥天をご本尊に吉祥悔過法要を厳修します。悔過とは、自覚・無自覚に犯した罪を反省し、天下泰平・五穀豊穣・吉祥招福を祈る法要です。
本来初詣は、歳の初めに吉祥天に参拝し、前年の出来ごとを振り返り、新しい歳の幸せを祈り生き方を定めるものです。

薬師寺では吉祥悔過法要を二・七日にしちにち(14日間)厳修します。1日~3日は奈良時代から伝わる国宝・吉祥天画像を、4日~15日は平成の吉祥天画像をご本尊としてお祀りします。

12月29日 お身拭い
僧侶が仏さまの御体を浄布で拭い清める行事です。金堂・薬師三尊像、大講堂・弥勒三尊像、東院堂・聖観世音菩薩像を順にお身拭いし、迎春の準備を整えます。

大晦日の行事

大晦日は午後十時半から午前二時まで開門します。(拝観無料)

除夜の鐘
午後十一時半から
午後11時30分より白鳳伽藍鐘楼において除夜の鐘が始まります。 僧侶による読経の後に、ご参拝者の方々に5人1組で順番に鐘を撞いて頂きます。 鐘を撞かれた方にはお餅をご接待します。(数量に限り有り)
除夜の鐘を撞くには整理券が必要です。越年お写経会参加者には午後8時よりお写経道場で、一般参拝者には午後11時より東僧坊で配布致します。
お写経 越年お写経会
午後八時から元旦午前八時まで

新年を迎えるにあたりお写経を通じてご自身とお向き合いください。薬師寺では大晦日の夜~明朝元旦まで夜通しでお写経をしていただけます。また1日~3日は新春お写経会として、お写経をされた方に抹茶のお接待を致します。

健康祈願 修正会法要
午後十一時四十五分から
金堂内でご本尊薬師三尊・吉祥天に一年の健康をご祈願致します。
法話 年頭法話
午前零時半から
歳の初めの法話で、1年の生き方をお考えください。

三ヶ日の行事

健康祈願 修正会日中法要
午後一時から

修正会日中法要の他にも、金堂では30分毎に健康祈願があります。

厄払い 初護摩祈願
午前八時半から午後四時
薬師寺修験咒師本部による護摩祈願が行われます。
お写経 新春お写経会
午後八時半から午後五時
法話 新春法話
午後一時半から
1月5日 初玄奘三蔵会
平和祈願法要

2月5日は法相宗の鼻祖玄奘三蔵のご命日にあたり、薬師寺では毎月5日に玄奘三蔵院伽藍において玄奘三蔵会を営んでおります。

1月5日には初玄奘縁日として、その年の平和祈願と併せて執り行ないます。玄奘塔での読経後、大唐西域壁画殿にて法要を厳修します。大唐西域壁画は、玄奘三蔵求法の旅を平山郁夫画伯が30年の歳月をかけて完成されました。『西方浄土 須弥山』をご本尊に、世界平和の祈りを込めた法要を厳修します。
1月8日 初薬師縁日
大般若経転読法要

歳の初めの薬師縁日に、一年の健康祈願としてお参りください。

毎月8日は薬師縁日として、金堂にて大般若経転読法要を厳修し、健康祈願健康祈願を承ります。木札にご芳名とご祈願を書き、一躰ずつお読み上げして御祈願致します。一年の健康祈願にお参りください。
薬師縁日御祈願札 一躰 千円
1月15日 吉祥天にちなむ
お香とお茶の会
吉祥天に一年の平和を祈る、吉祥悔過法要は15日間行われます。その結願(最終日)の法楽として「吉祥天にちなむお香とお茶の会」を開催します。
お茶席、お香席、福引き会

修正会のご本尊吉祥天は、吉祥招福・世界平和のみならず芸道のご守護下さる女神様であり、年のはじめに参拝祈願すると、習い事が上達すると古来より言い伝えられております。
この日は薬師寺境内一円でお茶席、お香席、などが開かれ、老若男女が相集いお愉しみ頂きます。

お茶席は寺僧が亭主となり釜を掛け、お香席は数々の名香を聞く事が出来る貴重な機会です。
是非ご参加下さい。
受付 午前9時~正午(於 まほろば会館1階)
会費 5千円(当日受付)
聞香席 志野流香道 家元 蜂谷宗玄宗匠(於 まほろば会館・東僧坊)
呈茶席 裏千家 淡交会 奈良支部 高田宗邦師(於 慈恩殿)
福引き
抽選会
呈茶席で各席終了後(於 慈恩殿)
※新成人の方は会費無料にてご招待いたします。(事前にお申し込みください。)
※午前中よりご参加の方には粗飯をご用意致しております。(受付時にお渡しする引換券が必要です。)