世界遺産 法相宗大本山 薬師寺

東院堂【国宝】鎌倉時代

東院堂は、養老年間(717~724)に吉備内親王[きびないしんのう]が元明天皇[げんめいてんのう]の冥福を祈り、建立されました。奈良時代は現在地の東側に建てられていましたが、天禄4年(973)の火災で焼失しました。現在の建物は正面7間、側面4間の入母屋造本瓦葺で、弘安8年(1285)に南向きで再建されましたが、享保18年(1733)に西向きに変えられました。高い基檀の上に建つのは、水害・湿気を避けるためであり、鎌倉時代後期の和様仏堂の好例です。

東院堂の仏像 聖観世音菩薩像【国宝】白鳳時代

 心の目で見ることを「観[かん]」といいます。色なき色を見、音なき音を聴く、これが「観」です。この観の働きをもって私たちの悩みや苦しみや悶えをお救い下さるのが観音菩薩です。聖観世音菩薩は日本屈指のお美しいお姿の観音さまといわれ、薄い衣を召し、その衣の美しい襞の流れの下からおみ足が透けて見える彫刻法は、インドのグプタ王朝の影響を受けたものです。

東院堂の仏像 四天王立像【重要文化財】鎌倉時代

四天王は古代インドの神が仏教にも守護神として取り入れられたものです。東・持国天、南・増長天、西・広目天、北・多聞天が配されます。

東院堂に安置される四天王は多聞天の台座に記された銘文より、正応2年(1289)に像が作られ、永仁4年(1296)に彩色が完成したことがわかります。彫刻の技術、彩色の保存状態がともに良好で、平成30年に新たに重要文化財に指定されました。