世界遺産 法相宗大本山 薬師寺

国宝 東塔大修理
特別写経

創建時より唯一その姿を伝える国宝 東塔は現在、全面解体修理中です。
薬師寺では大修理成就を願い「国宝 東塔大修理特別写経」の勧進を行っております。この特別写経は、釈迦八相図と東西両塔図の見返し扉絵が施された用紙に、お釈迦さまのお舎利の功徳を讃えた「舎利礼文」を書写して頂く、全10組20巻のお写経です。お納め頂く1組2巻のお写経の内、1巻は国宝 東塔に、もう一巻はお釈迦さまの聖地インド・ブッタガヤの日本寺に奉安致します。
国宝 東塔大修理に当たり、薬師寺では一人でも多くの方々にお写経を通じてご結縁頂くことにより、平成の世に生きる者の真心を、後世へと伝えたいと願っております。
なお10組全てをお納めの方には「釈迦八相曼茶羅卓上特別屏風」を贈呈し、満願結縁の証とさせて頂いております。
皆様には是非とも、この特別写経にご結縁賜りますよう、お願い申し上げます。

特別写経は、お釈迦さまの尊いご生涯を順番にたどっていただく釈迦八相図と東西両塔図の佛画が、見返し扉絵として色彩装飾されております。

国宝 東塔大修理特別写経 (全10組20巻)について
「国宝 東塔大修理特別写経」は、佛舎利を供養する経文「舎利礼文」を書写していただきます。 この特別写経は、お釈迦さまの尊いご生涯を「第一入胎」から「第八分舎利」へと順番にたどっていただく釈迦八相図と東西両塔図が色彩装飾された、全10組20巻のお写経です。 お手本の字は書家・荒井湧山先生、装飾画は佛画師・廣中真淨先生の筆によるものです。
ご納経について
釈迦八相図並びに東西両塔図

かつて、東塔には「因相」として入胎・受生・受楽・苦行、西塔には「果相」として成道・転法輪・涅槃・分舎利の八相像が安置されていたことが、『薬師寺縁起』に記されています。
この特別写経はそれにちなみ、お釈迦さまの尊いご生涯を順番にたどっていただく釈迦八相図と東西両塔図の佛画が、見返し扉絵として色彩装飾されております。

ご自宅お写経お申込はこちら