お身拭いの写真

年末年始行事 お身拭い・除夜の鐘・越年写経会・修正会吉祥悔過法要



右の写真は金堂内で本尊薬師三尊像を、お身拭いをする僧侶。薬師寺青年衆として全国からご奉仕の学生が集まり、僧侶に浄布を渡している風景。

お身拭い

 12月29日、午後1時より白鳳伽藍金堂において仏さまのほこりを掃うお身拭いが行なわれます。午前中にお正月用のお餅をつき、その時に使用したお湯を使って僧侶が仏さまの御体を浄布で拭き清める行事です。金堂薬師如来像・日光菩薩像・月光菩薩像のお身拭い後は、大講堂、東院堂など各諸堂でも引き続きお身拭いが行なわれます。

除夜の鐘

鐘楼 僧侶読経 写真
鐘楼 僧侶読経

 12月31日、午後11時30分頃より白鳳伽藍鐘楼において除夜の鐘の所作を始めます。僧侶による読経の後に、ご参拝者の方々に5人1組で順番に鐘を撞いて頂きます。鐘を撞くには整理券が必要で、午後11時頃より東僧坊にて一般参拝の方にお配り致します。尚、整理券は当日お写経をされた方に優先に配布させて頂きます(午後8時頃より)。鐘を撞かれた方にはお餅を接待致します。(数量に限り有り)

越年写経会

 12月31日午後8時よりお写経道場では、越年写経会として夜を通してお写経をして頂けます。除夜の鐘の響きを微かに聞きながら、年越しをお写経をして迎える清澄なひとときです。
尚、ご自身で除夜の鐘をお撞きになりたいお写経者の方には優先的に整理券をお配り致しております(午後8時頃より)。

納経回向料
般若心経   1巻 2,000円
薬師経   1巻 4,000円
唯識三十頌   1巻 5,000円
国宝東塔修理特別写経   1巻2組 10,000円(全10組)

修正会吉祥悔過法要

修正会吉祥悔過法要 写真
修正会吉祥悔過法要

 12月31日午後11時45分より、白鳳伽藍金堂に於いて修正会吉祥悔過法要が厳修されます。国宝 吉祥天女画像を1月14日までご本尊として、1年の吉祥招福・天下泰平・滅罪消滅などを祈願する法要で、宝亀2年(771)より千年を超えて続いている行事です。併せて皆様方の新たな年に向かっての身体健全・家内安全・厄難消滅・家運隆昌・受験合格などの初祈願を承り、管主はじめ一山の僧侶により元旦から1月8日(初薬師縁日)までご祈願申し上げます。
1月1日〜3日には、午前9時より新春お写経会(お写経道場)、午後1時より修正会吉祥悔過法要(金堂)、午後1時半より山田法胤管主による新春法話(東僧坊)がございます。

年末年始メニュー

年末年始トップ
年末年始行事予定
お寺の紹介トップへ戻る

年中行事・定例行事へ戻る