創建時〜平安時代の年表です。

時代

年代

事項

B.C.463  お釈迦様生誕(なお正確な年代は不明)
538年  日本へ仏教が伝来する(西暦551年と言う説も)
596年  元興寺(飛鳥寺)が完成する
602年  玄奘三蔵生誕
607年  法隆寺が建立される(世界最古の木造建築)
629年  玄奘三蔵 国禁を犯し天竺(現在のインド)へ向かう 道昭生誕
631年  宗祖 慈恩大師生誕
645年

 日本では大化の改新。中大兄皇子などが蘇我入鹿を暗殺。 玄奘三蔵、天竺より長安へ戻る。以後、経典の漢訳を精力的に行う。

653年  道昭 遣唐使船に乗船し長安へ。長安で玄奘三蔵に師事し唯識教学を伝授される。
664年  玄奘三蔵遷化する。
668年  薬師寺第2代別當 行基生誕
672年  壬申の乱 大海人皇子、大友皇子(近江大津宮)を滅ぼし飛鳥浄御原京で天皇に即位。天武天皇に。
680年  天武天皇 皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈願して、薬師寺建立を発願する
682年

 宗祖 慈恩大師が遷化する

686年

 天武天皇崩御 皇后であった持統天皇が即位

688年  無庶大会を薬師寺に設ける
698年

 薬師寺講堂阿弥陀大繍仏の開眼供養を行う この時ほぼ講作が終り僧侶を住まわせ始める。

700年

 道昭が遷化する。火葬される(日本初)

701年

 波多朝臣牟胡閇と許會倍朝臣陽麻呂とを造薬師寺司に任命する

702年

 持統天皇が崩御する。日本の貴人としては初めて火葬される。

710年

 都を平城京へ移す

718年

 薬師寺を平城京六条ニ坊に移す

719年

 造薬師寺司に史生二人を置く

722年  僧綱を薬師寺に止住させる。天武天皇の為に弥勒像を持統天皇の為に釈迦像を作る。
717年〜724年  吉備内親王が元明天皇の為に東院を建てる
730年  東塔を建てる
〜740年

 行基を薬師寺の師位僧(五位以上の官人と同等の上級官僧)として認める方針をとる

743年  聖武天皇、大仏建立を発願する
745年  東大寺、大仏開眼供養が行われる。
747年

 資財帳を勘録する。

749年

 行基 聖武天皇に戒を与える。その後遷化

753年

 絵師 越田安万らが黄本実将来本を写して仏足石を刻む。

794年

 平安遷都

889年〜898年

 八幡宮を建てる。

973年

 食堂から出火して講堂・三面僧坊・回廊・経蔵・鐘楼・中門・南大門等を焼失する。

986年

 中門を造立する。

989年

 大風により金堂の上層が倒壊する。

999年

 食堂の復興を開始する。

1005年

 食堂の造営が終了する。

1006年

 南大門を立柱し、中門のニ天像を造立する。

1009年

 十字廊を造立する。

1013年

 南大門の造営を終る。

1095年

 本薬師寺跡より仏舎利を掘出す。

1140年

 大江近通が南都七大寺を巡礼し、薬師寺に詣でる。

 

最初のページに戻る 

次の時代(鎌倉時代〜江戸末期)へ進む