その1(創建時〜平安時代)へ戻る

時代 年代

項目

1285年  東院堂を再興する。(鎌倉時代)
1361年  地震により金堂・東西両塔破損。中門・回廊・西院等が転倒する。
1445年  大風により金堂・南大門が倒壊する。仮金堂上棟する
1512年  南門(旧・西院西門)を建てる
1524年  金堂・東西両塔の再興修造の勧進状を作成する。
1528年  金堂・講堂・中門・西塔・僧坊等が兵火で焼失する。

1600年  仮金堂を上棟し、葺瓦する。
1603年  八幡宮を再興造営する。
1644年  東塔を修復する。
1650年  西院の西門を移築して南門とする。
1733年  東院堂の基壇を嵩上げし、西向に建てかえる。
1852年  仮講堂が落成する(1995年に撤去)
 

 最初のページへ戻る

 その3(明治時代から現代)へ進む