明治時代から現代まで

鎌倉時代〜江戸時代の年表へ戻る


時代

年代

事項



1873年  この頃、薬師寺宗派独立運動起こる
1880年  この年、フェノロサ、初めて薬師寺仏像の調査
1886年  6月23日、薬師寺法相宗に加入
1900年  5月、東塔修理完成。この時心柱頂部に新たに仏舎利を奉納


1934年  この年、西塔跡に移された文殊堂撤去、西塔跡発掘調査。鐘楼大風により倒壊
1937年

 この年、鐘楼を金堂の東に移建

1944年

 12月8日、地震のため金堂、講堂、東塔傾斜、東大門、北大門倒壊、塔頭地蔵院大破す

1945年  この年、農地解放により寺領5町余反を小作者に譲渡
1966年

 12月8日、収蔵庫を建立

1971年

 4月3日、金堂起工式。22日より2週間。東京日本橋三越百貨店にて月光菩薩展を開催、金堂復興大勧進を行なう

1972年

 1月8日、お写経道場落慶

1975年

 東京別院をお写経道場として開く

1976年  4月1日〜5月8日(39日間)、現金堂落慶。百万巻写経達成。3月15日西僧坊六房復元。3月21日梵鐘新鋳
1981年  4月1日〜5日、現西塔落慶。二百万巻写経達成。3月15日東僧坊復元
1984年  10月11日、現中門落慶。三百万巻写経達成。昭和天皇行幸中門の初通りとなる
1986年  10月より翌年にわたり、三越百貨店14店舗にて天武天皇千三百年玉忌記念出開帳を開催


1991年  3月20日〜25日、玄奘三蔵院伽藍落慶。五百万巻写経達成
1996年

 3月30日〜4月5日、大講堂起工式。六百万巻写経達成

2000年

 大晦日に平山郁夫画伯により「大唐西域壁画」が玄奘三蔵院伽藍の壁画殿に献納される。七百万巻写経達成

2003年  3月21日〜23日、現大講堂落慶。大講堂にて約500年ぶりに最勝会も復興される


 最初のページへ戻る