薬師寺によるお写経勧進は、誰の分け隔てもなく始まり全国津々浦々に広がりをみせていきました。そうした広がりを支えるのは、この浄信会を中心とした人達が一巻一巻手巻にして下さる「持帰り用写経」です。この支えが無ければ、便利さ一辺倒の現代人のことなのでいくらご功徳があるお写経であっても、これほどの広がりとご縁を頂戴する事はなかったでしょう。こうした一連の奉仕活動は、単にお写経を自己の幸せのためだけにするのではなく、他人の功徳のお手伝いを自ら進んでして下さっているということになります。


薬師寺の人の輪に戻る