花会式写真

花会式(修二会)

花会式[はなえしき]とは、正式には修二会[しゅにえ]とも呼ばれる薬師寺で最大の行事の一つです。
この修ニ会とは奈良の色々なお寺で行われています。例えば東大寺のお水取りも、東大寺における修ニ会の行事の一つなのです。
花会式を飾る造花(一部)
杜若・かきつばたの写真
杜若(かきつばた)
梅の写真
菊の写真
百合の写真
百合

花会式(修二会)とは

 修二会とは奈良の大寺が国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事です。修ニ会とある通り、この法要は2月に行われるのですが、薬師寺の場合は旧暦の2月末に行われていた事から、そのまま新暦に直して3月25日から3月31日にかけて行われています。春先に東大寺に修二会お水取りという俗称がついたように薬師寺修二会には十種の造花がご本尊に供えられるところから「花会式」と呼ばれ、「奈良に春を告げる行事」として親しまれています。花会式(修二会)に参篭する僧のことを「練行衆[れんぎょうしゅう]」と言い、最終日の3月31日の夜には「鬼追式[おにおいしき]」が法要の結願[けちがん]を飾ります。

花会式(修二会)の歴史

 所謂「花会式」と呼ばれる法要は正確には『修ニ会』と言い、薬師悔過法要であります。この法要は奈良時代から脈々と続いてきた法要です。現在の形態となっての法要は嘉承2年(1107)に堀河天皇が皇后の病気平癒を薬師如来に祈られ、その霊験を得て病気が回復したとされています。そして、皇后はその翌年に女官に命じて10種類の造花を作らせて、お薬師様の御宝前に供えられたのが、今の『花会式』と呼ばれる華やかな法要の始まりとされています。

花会式(修二会)メニュー

花会式トップページ
花会式のご案内/日程
花会式の法要
花会式の準備風景
お寺の紹介トップへ戻る

年中行事・定例行事へ戻る