法衣の紹介

復興された法衣と袈裟について

 最勝会の復興に伴い法要に使用される衣帯[えたい]も復興されました。現存する資料が少ない為、これらは正倉院の中に納められている袈裟や、国宝である薬師寺僧形八幡神像、慈恩大師画像などを参考に制作された『袈裟』『沓[くつ]』です。

袈裟(糞雑衣[ふんぞうえ])
 
袈裟 木蘭 の写真
木蘭
袈裟 紫甲 の写真
紫甲
袈裟 呂甲 の写真
呂甲
袈裟 青甲 の写真
青甲

沓(草鞋[そうかい])
沓(草鞋)の写真

袖丈を短めに作り、薬師寺で現在も着用されている重衣[じゅうえ]を基本としています。

袈裟

正式には糞雑衣[ふんぞうえ]といい、元々はぼろ布を接ぎ合わせるように作られたものを表します。僧侶の階位によって色が分けられています。

正倉院の葡萄唐草文様[ぶどうからくさもんよう]を模して大口に作られています。

沓[くつ]

木に布を張り付けて作られた沓は、慈恩大師画像に描かれた絵を元に復興されました。唯一装飾的な外観として、縁には金色をめぐらせています。

これらの色彩や配色は、薬師寺の衣帯の色区分である木蘭[もくらん]・紫甲[しこう]・呂甲[ろこう]・青甲[しょうこう]を基本として考えられています。

最勝会メニュー

最勝会トップページ
法衣の紹介
日程・式次第
お寺の紹介トップへ戻る

年中行事・定例行事へ戻る